顔写真とともに、重要になるパスポートに記載されている情報として、自身の筆跡というものがあります。

最もわかりやすいものとしては、自身の名前を記入するサインではないでしょうか。

パスポートにも自身のサインが記載されており、本人確認の際には、そのサインをもとに筆跡の照合が行われることになるのです。


パスポートの申し込みを行った際に記入したサインが、そのままパスポートに転用されることになります。

そのためこの時点で誤字などがあってしまうと、それがそのまま自身のサインとして使用されることになってしまうために、ここで誤字などがないように、しっかりと確認をしていくことは、とても重要なことになります。


またパスポートにどのように名前の記載が行われているのかということは、海外旅行先で自分がどういったサインを書いていくのかにも大きく影響していくものであるために、確実に書いていくことができるサインを記入することが、とても重要なことになるのです。

もしも海外旅行先でその筆跡を再現不可能なサインをパスポートに記載してしまうと、その後のやり取りに支障が出てしまう可能性があるために注意が必要です。


またパスポートとは世界で使用されるものであるだけに、日本語での表記では好ましくないのではないかという閑雅を持つ人もいるかもしれませんが、実際にはローマ字での表記の人もいれば、日本語での表記の人も一定数存在しているため、自分が確実に書くことができるものを使用していくことが、とても重要なことになるのです。