パスポートというものは一回取得してしまえばずっと使用していくことができるというものではありません。

現在使用されているパスポートは5年のものと10年のものが存在しており、その期間内でしか使用していくことができないものになっているのです。

そのため海外旅行を行うためのパスポートは、期間が過ぎたら継続をすることが必要になります


継続のための方法を知っておくことで、よりパスポートを有効に活用していくことができるようになるものなのです。


パスポートの更新が可能になるのは、現在所持しているパスポートの残り期限が、1年未満の状態であり、最初にパスポートを取得するときに必要だった戸籍謄本や戸籍抄本というような書類は必要ではなく、住民票と新しい写真などを用意することによって、比較的簡単に取得することができるようになっているものです。


しかし住所が変更されている場合などには、新たに戸籍謄本と抄本を用意する必要があるために、以前パスポートを取得した際の情報と相違がないかということを確認して必要な書類を用意していくことが求められるようになるのです。


また結婚などによって名前が変わった場合などには、直ちに新しいパスポートの取得が必要になるものなのです。

現在では記載事項変更旅券という、名前や本籍地が変更になった人が簡単に取得することができる新しい制度のパスポートなども作られるようになってきており、より簡単にパスポートを使用していくことができるようになっています。