海外旅行を行っていく際には、どのような支払いの方法を現地で選択していくかということもたいへん重要なことになります。

日本国内であれば現金を持ち歩くことにそれほど不安はありませんが、治安の悪い国などでは、現金をそのまま持ち歩いていると、盗難などの被害に会う可能性が非常に高いため、より安全性の高い方法を選択していくことが推奨されているのです。

 

現金を除いた方法で、海外旅行で利用される頻度が高いのが、クレジットカードを使用していく方法と、海外プリペイドカードを利用する方法になります。

両者の間には、それぞれ優れている点が存在しており、状況に応じた使い分けができるようになっていれば、それだけ安全性も高まるほか、リスクの分散にもつながるのです。

 

クレジットカードを海外旅行で利用することの利点といえば、日本国内とほぼ同じ感覚で利用することができるほか、独自のポイントサービスも利用していくことができるなど、大変評価の高いものになっているのです。

しかしスキミングなどの被害も想定されるために、安全性という面では、海外プリペイドカードに劣っているのが現状です。

なぜなら、海外プリペイドカードは、あらかじめ入れた金額のお金しか使えないという点で、安全性ではクレジットカードよりも高いものとなります。

しかし、手数料がクレジットカードより高めであるため、両社の良い所をしっかり理解して使って行くのが良いと言えます。